乾燥肌予防に効果的なビタミン類

乾燥肌は、様々な肌トラブルを誘発する原因となることがあります。乾燥肌を予防するためには、お肌のお手入れも大切ですが、必要な栄養を取ることで、身体の内側から乾燥肌予防の対策を取ることも大切です。乾燥肌の予防に効果的なビタミン類には、どのようなものがあるのでしょうか。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きを持っています。そのほか、ビタミンAには、お肌に潤いを与えて乾燥を防ぐ働きを持っているため、ビタミンAを十分に取ることで、外部の様々な刺激に対して、抵抗力のある肌状態を保つことができます。ビタミンAを含む食品は、うなぎ・にんじん・かぼちゃ・小松菜などがあります。ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油に溶けやすいという特徴を持っています。ビタミンAの吸収率を高めるには、ビタミンAを含む食品を油で調理するようにするか、油を含むドレッシングなどと一緒に取るようにすると良いかもしれません。

ビタミンB2とビタミンB6

ビタミンB2とビタミンB6は、皮膚の代謝を促すため、肌再生のサイクルを整えて、健康な肌の状態を保つことができます。ビタミンB群は、複数を組み合わせて取ることで、より効果的にそれぞれの働きを高めることができます。調理をする際には、ビタミンB2やビタミンB6を含む食品を組み合わせて調理すると良いでしょう。ビタミンB2を含む食品は、魚介類・海藻類・卵などがあります。ビタミンB6を含む食品は、にくにく・レバー・牛肉・まぐろ・カツオなどがあります。

ビタミンC

ビタミンCは、お肌の弾力を保つために必要な、コラーゲンの生成をサポートします。ビタミンCは抗酸化作用がある成分でもあり、数多くの美容製品に含まれています。ビタミンCを含む食品は、ブロッコリー・赤ピーマン・イチゴ・レモンなど、そのほかにも数多くの果物や野菜の中に含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは、お肌の血行を促す働きを持っています。様々な成分を取り入れたとしても、血行が良くなければ、お肌の隅々に必要な成分を行き渡らせることができません。お肌の血行を促した上で、様々な成分を取り入れることで、より効果的に、それぞれの成分の働きを発揮することができます。ビタミンEを含む食品は、アーモンド・いくら・イワシなどがあります。