乾燥肌の原因とは?

健康なお肌の状態を保つことで、外部の様々な刺激からお肌を守ることができます。健康なお肌は、水分と油分のバランスが取れており、ハリや艶のある状態です。ところが、お肌が乾燥してしまうと、様々な肌トラブルが生じることがあります。乾燥肌の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

先天的なものが原因となっているもの

人それぞれに、体質というものに違いがあります。脂性肌の方もいれば、乾燥肌の方もいて、それぞれにお肌の水分と油分のバランスにも違いがあります。生まれつき乾燥肌の方である場合、水分や油分などを、こまめに補う必要があります。遺伝的なものである場合、根本的な乾燥肌を、違う肌質に変えることは難しいかもしれませんが、毎日のお手入れを工夫することによって、乾燥を防ぐことができるかもしれません。お肌が乾燥していると、お肌に触れるものに強い刺激を感じる場合もあるため、毎日の中で使用するタオルなども、できるだけお肌に優しい素材のものを使用すると良いでしょう。

後天的なものが原因となっているもの

もともとのお肌の性質が乾燥肌でなかったとしても、外部の何らかの原因によって、乾燥肌になってしまうことがあります。洗浄力の強すぎる洗顔料を使用していたり、洗顔後に十分な保湿をしていなかったり、加齢によって皮脂の分泌が低下して、お肌の水分と油分のバランスが悪くなってしまったりと、様々な原因が挙げられます。このような場合は、毎日のお手入れのほかに、お肌に良い成分を多く含んだ食品を多く取るなどして、お肌のコンデションを整えるようにすると良いでしょう。さらに、気温によってもお肌が乾燥する場合があります。特に、冬などは、乾燥する季節であるため、通常よりもしっかりと保湿をする必要があります。エアコンでも乾燥する場合があるため、お肌の水分が蒸発してしまわないように、保湿をした後はクリームで整えるなどの工夫をする必要があります。