放っておくと怖い…乾燥肌の症状

お肌が乾燥したら、できるだけ早く適切なケアをする必要があります。お肌の乾燥を、あまり深刻に捉えない方もいらっしゃるかもしれませんが、乾燥肌は様々な症状を誘発する原因となってしまう場合があります。乾燥肌の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

水分が不足することで皮膚が剥がれやすくなる

お肌が乾燥している時、お肌に十分な水分を蓄えておくことができなくなって、ますますお肌が乾燥してしまうという、悪循環になってしまうことがあります。通常、お肌の水分が蒸発してしまわないように、皮脂が守ってくれているのですが、お肌が乾燥していると、皮脂も不足しがちになってしまうため、水分を補っても、蒸発しやすくなってしまうのです。お肌の水分が不足すると、皮膚が剥がれやすくなり、お肌がかぶれたような状態となることもあります。お肌が乾燥していると感じたら、できるだけ早めに、保湿すると良いでしょう。

皮脂が不足することで痒みが出てくるようになる

お肌が乾燥すると、お肌の防衛機能の働きから、皮脂を過剰に分泌するようになります。この働きによって、お肌の状態が油っぽくなっていると勘違いして、洗浄力の強い洗顔料でお手入れをしてしまう方がいらっしゃいます。このような間違ったお手入れを繰り返していると、さらに、お肌が乾燥して、皮脂が不足してしまうことがあります。お肌の皮脂が不足した状態が悪化すると、皮脂欠乏症といって、お肌に強い痒みが出てくるようになります。中には、我慢できないくらいの痒みが伴うこともあるので、寝ている間に、いつの間にか皮膚を掻きむしってしまう方もいるようです。このような状態になる前に、早めにお肌の状態を改善する必要があります。

皮膚疾患へと進行することがある

お肌の水分と油分のどちらも不足していると、お肌を外部の刺激から守ることができなくなって、お肌はデリケートで無防備な状態となってしまいます。このようなお肌の状態は、少しの刺激でも強い刺激を感じるようになり、激しい痒みを伴うようになります。お肌を掻きむしることで、ばい菌などが入った場合、皮膚疾患へと進行する場合があり、もとのお肌の状態に戻るまでに長い時間が掛かる場合もあるため注意が必要です。